iPhoneバッテリー交換のタイミングについて - VIT-SHOP

iPhoneバッテリー交換のタイミングについて

こんにちは、スマホ修理のVIT-SHOPです(゚∀゚)

iPhone(アイフォン)を使っているうちにバッテリーは消耗します。

Apple(アップル)公式では

「通常のバッテリーは、通常の条件下で使用された場合、フル充電サイクルを 500 回繰り返した後も本来の蓄電容量の最大 80% を維持するよう設計されています。」

と表記されています。

iPhone バッテリー 劣化 膨張

最大容量80%になるとバッテリー交換をした方がいいと思ってください。

実際は、最大容量が90%以下になってくると「バッテリーの減りが早い」と体感される方がほとんどです。

平均的なバッテリー交換時期は1年半~2年といったところでしょうか。

動画視聴やゲームを長時間される方については半年~1年でバッテリー交換されているようです。

逆に通話とメール、簡単なネット閲覧などのみで使用されている方は3年くらい持つようです。

iPhoneのバッテリーが劣化すると


  • 使用していないのにバッテリーが減る
  • 100%まで充電したのに、すごい勢いでバッテリーが減っていく
  • 100%まで充電したのに、すぐ電源が落ちる
  • バッテリーが膨張してタッチパネル(画面)を押し上げる
  • リンゴループ
  • バッテリーマークが出るが、充電しても起動しない

など、どんどん症状が悪化します。

最悪の場合、基板に不具合をおこしてiPhoneが起動しなくなることもあります。

そうなる前に、富山のVIT-SHOPでバッテリー交換をおすすめします。
当店はApple純正バッテリーと同規格、PSEマークの高品質バッテリーを使用しています。

※バッテリー交換の欄をご覧ください。

VIT-SHOPではiPhoneのバッテリー交換をはじめ、様々なiPhone修理を行っています。

あなたのiPhoneを長く快適にお使いいただくお手伝いをします!

皆様のお越しをお待ちしております💗

予約不要、お気軽にご相談・ご来店ください!